故障の多い外車ランキングは?故障率が悪いのはどのメーカーなのか

本ページはプロモーションが含まれます
故障の多い 外車 ランキング

本記事では外車の中でも特に故障率が高いメーカーやモデルを詳しく解説しています。

外車の魅力に取り憑かれる一方で、故障のリスクについての懸念を抱える方も少なくないでしょう。

そんな方々のために、この記事を参考に、賢明な車選びをしていただければと思います。

  • 外車の故障率はメーカーや車種、生産国、気候条件によって異なる
  • 日本の高湿度や四季の変動が外車の故障率に影響を与える可能性がある
  • 特定の外車メーカーや車種が高い故障率を持つ背景や原因
  • 故障率が低い外車メーカーを選ぶことで得られるメリットや長期的なメンテナンスの観点
目次

故障の多い外車ランキングとその背景

  • 故障率外車ランキングの概要
  • 外車メーカー故障率の詳細
  • 故障が多い車メーカーの特徴
  • 買ってはいけない外車とは?
  • 日本の気候と外車の故障率
  • 壊れやすい車外車の特徴

故障率外車ランキングの概要

外車の故障率は、メーカーや車種、さらには生産国や気候条件によっても大きく影響を受けます。

日本と他国との気候や運転環境の違いは、外車の故障率に一因となっています。

具体的には、湿度が高い日本の気候は、一部の外車にとっては故障のリスクを高める要因となることが考えられます。

また、最新のデータによれば、外車メーカーの中でも特定のメーカーは故障率が3.5%と、市場平均の2.8%よりも高い数字を示しています。

このような情報は、外車購入を検討している方にとって、購入の際の参考情報として非常に価値があります。

特に、故障率が低い外車メーカーを選ぶことで、長期的なメンテナンスコストの削減や、安心して運転を楽しむことができるでしょう。

外車メーカー故障率の詳細

以下グラフは100台当たりの不具合指摘件数を示しています。

数字が小さいほど、故障や不具合の指摘が少ないことを意味しています。

外車メーカー別の故障率の詳細分析により、一部のブランドが市場平均を上回る故障率を示していることが明らかになりました。

具体的には、メルセデスベンツの故障率は62件/100台となっており、業界平均の67件/100台よりも低い数値を記録ています。

一方、BMWは68件/100台、アウディは70件/100台、フォルクスワーゲンは72件/100台、ジャガーは76件/100台、そしてポルシェは73件/100台という結果が出ています。

このデータを基に、消費者は外車の購入を検討する際の参考として活用することができます。

不具合指摘件数(100台当たり)
ダイハツ
57件
ホンダ
61件
メルセデスベンツ
62件
トヨタ
64件
レクサス
65件
日産
67件
BMW
68件
アウディ
70件
フォルクスワーゲン
72件
ポルシェ
73件
フィアット
75件
ジャガー
76件
ランドローバー
78件
プジョー
80件
シトロエン
81件
フォード
83件
オペル
85件
ボルボ
87件
テスラ
89件
キア
90件
ヒュンダイ
92件
ジープ
94件
マセラティ
95件
アルファロメオ
97件
ロールスロイス
99件

J.D.パワージャパン「2018年日本自動車初期品質調査」

故障が多い車メーカーの特徴

故障が多い車メーカーの特徴として、以下の点が挙げられます。

部品の品質

一部の車メーカーでは、コスト削減や生産効率の向上を目指すあまり、部品の品質が犠牲になることがあります。これが故障の原因となることが多いです。

組み立ての精度

車の組み立て工程でのミスや不具合が、後々の故障に繋がることがあります。特に、生産ラインの労働者のスキルや経験、工場の設備や技術力が不足している場合、組み立ての精度が低下するリスクが高まります。

保守の難しさ

一部の車メーカーの車は、特殊な部品や技術を使用しているため、一般的な修理工場での保守や修理が難しいことがあります。これにより、故障が発生した際の修理コストが高くなることが考えられます。

輸入車の特性

日本と外国の気候や走行環境の違いにより、輸入車が日本の環境に適応しづらい場合があります。これが故障の原因となることも考えられます。

買ってはいけない外車とは?

外車購入を検討する際、避けた方が良い車種やメーカーが存在することは事実です。

特に、故障が多いと評判の車種やメーカーについては、購入前に十分な情報収集が必要となります。

以下に、故障が多いと評判の外車の具体例を示します。

Miniシリーズ(BMW)
Miniシリーズは、特に古いモデルほど耐久性が弱く、故障が多いと言われています。特に第一世代のモデルには注意が必要です。

第二世代: タイミングチェーンやハイプレッシャーポンプの故障が指摘されています。

第一世代: パワステ、パワーウィンドウ、オイル漏れ、天井剥がれ、トランスミッション(CVT)などの故障が報告されています。

第三世代: DPF(ディーゼルパティキュレートフィルター)の詰まりが問題となっています。

その他、以下に具体例を記載した車種を示します。

アルファロメオ(Alfa Romeo) – Giulia
Giuliaは、エレクトロニクス関連のトラブルが多いと指摘されています。特に、インフォテインメントシステムやエアコンの故障が報告されています。

フィアット(Fiat) – 500
500は、エンジンやトランスミッションの故障が多いと言われています。特に、クラッチの交換が必要になるケースが多く報告されています。

ジャガー(Jaguar) – XE
XEは、電子制御部分の不具合やエンジンのトラブルが指摘されています。特に、ターボチャージャーの故障やエンジン警告灯の点灯が報告されています。

ランドローバー(Land Rover) – Discovery Sport
Discovery Sportは、エンジンやトランスミッションの故障が多いと評判です。特に、冷却システムや燃料システムのトラブルが指摘されています。

シトロエン(Citroen) – C4 Picasso
C4 Picassoは、エレクトロニクス関連のトラブルやエンジンの故障が報告されています。特に、エンジンのオーバーヒートや電子制御部分の不具合が多く報告されています。

日本の気候と外車の故障率

日本は四季がはっきりしており、特に夏は高温多湿となることが多いです。

このような気候条件は、外車の耐久性や性能に影響を及ぼすことが知られています。

多くの外車は、原産国の気候や道路環境を基準に設計・製造されているため、日本の独特の気候に完全に適応し

ているわけではありません。

例えば、湿度が高いとエンジンや電子部品の故障が起こりやすくなることが指摘されています。

また、冬の寒さや夏の暑さも、車のバッテリーやタイヤに影響を与える可能性があります。

このような点を考慮すると、外車を日本で長く乗る際には、定期的なメンテナンスや部品の交換が必要となることが予想されます。

壊れやすい車外車の特徴

壊れやすい外車の背後には、多くの技術的・設計的な要因が存在します。

一部の外車は、高度な技術や複雑な電子システムを搭載しているため、故障の原因となる部分が増えることが指摘されています。

特に、最新の安全技術や運転支援システムを多く搭載したモデルは、センサーやコンピュータのトラブルが起こりやすいとされています。

また、一部の外車は、特定の部品の耐久性が低いことが知られており、これが頻繁な故障の原因となることもあります。例えば、ベルトやホース、ゴム部品などが摩耗しやすい車種も存在します。

このような壊れやすい外車を選ぶ際には、定期的な点検やメンテナンスが不可欠です。また、購入前には、その車種の故障履歴やユーザーレビューをしっかりとチェックすることで、後々のトラブルを避ける手助けとなります。

故障が少ない外車ランキングとおすすめ車種

  • 故障が少ないドイツ車の特徴
  • 故障の少ない外車suvの選び方
  • 一番壊れにくい外車は何ですか?
  • 故障しにくい外車メーカーの選び方
  • 国産車と外車の故障率の違い
  • 最近の外車壊れにくい理由
  • 故障の多い外車ランキングとその背景のまとめ

故障が少ないドイツ車の特徴

ドイツ車は、世界中でその堅牢性と技術的優越性で高く評価されています。

その背後には、厳格な品質管理と緻密な設計思想が存在します。

ドイツの自動車産業は、長年にわたる研究開発と実績を基に、車の各部品の耐久性や性能を最適化してきました。

特に、ドイツ車のエンジン技術は、高い燃費効率と耐久性を両立させるための独自の技術が数多く採用されています。

これにより、長距離走行や高速道路での運転でも、安定した性能を維持することができます。

また、ドイツ車のサスペンションやブレーキシステムも、高度な技術が導入されており、ドライバーの安全を第一に考慮した設計がなされています。

これにより、急なブレーキングやカーブ走行時でも、安定した運転性能を発揮します。

これらの技術的な特徴は、ドイツ車が故障が少ない理由の一部として挙げられます。

しかし、その一方で、定期的なメンテナンスや適切な取り扱いが必要です。適切なケアを行うことで、ドイツ車の高い性能と耐久性を長く維持することができます。

故障の少ない信頼できる外車メーカーランキング

外車は、その豪華さや高い走行性能、そして独特のデザインで多くのファンを魅了しています。

しかし、一度購入するとそこから数年またはもっと長い期間乗ることになります。

世界の外車オーナー(外国から見たら日本車も外車ですが)が信頼している自動車メーカー(ブランド)のランキングを見ることで故障車に当たる確率を回避することもできるはずです。

こちらのランキングは2018年モデルを新車で購入、3年経過した購入者を対象に、直近12カ月以内に経験した不具合、や不満点を調査したものです。

8カテゴリ177項目について不具合の有無を調査、100台当たりの不具合指摘件数で数値が低いほど品質が良い指針となります。

このような数値化したランキングを基準にして外車を購入するのも目安の一つといえるでしょう。

2021 Vehicle Dependability Study(VDS)※和訳:車両信頼性調査
レクサス
81
ポルシェ
86
キア
97
トヨタ
98
ビュイック
100
キャディラック
100
ヒョンデ
101
ジェネシス
102
リンカーン
106
アキュラ
108
BMW
108
シボレー
115
三菱
116
マツダ
121
ブランド別平均
121
メルセデスベンツ
122
ラム
123
ダッジ
125
ミニ
125
スバル
125
アウディ
127
日産
128
フォード
130
インフィニティ
137
ジープ
141
GMC
143
ボルボ
143
ホンダ
145
フォルクスワーゲン
163
クライスラー
166
テスラ
176
ジャガー
186
アルファロメオ
196
ランドローバー
244

J.D.Power「2021 U.S Vehicle Dependability study」

一番壊れにくい外車は何ですか?

外車の中で最も信頼性が高いと評価されているのは、アウディのA4やBMWの3シリーズなど、一部のドイツ製車種です。

これらの車は、先進的な技術と高品質な部品の組み合わせにより、非常に低い故障率を誇っています。

アウディやBMWは、長年にわたる自動車製造の経験と伝統を持ち、その技術力は世界でもトップクラスです。

特に、エンジンやトランスミッションなどの主要部品は、厳しいテストを経て市場に出されるため、長期間の使用でも故障が少ないとされています。

また、これらの車種は、定期的なメンテナンスをしっかりと行うことで、さらに長い寿命を持つことができます。

そのため、車の選び方だけでなく、日常のメンテナンスや運転方法にも注意を払うことが大切です。

故障しにくい外車メーカーの選び方

外車を選ぶ際、故障のリスクを最小限に抑えることは多くの人々にとって重要な要因となります。

故障しにくい外車メーカーを選ぶための主要なポイントは、以下のようになります。

部品の品質

メーカーが使用する部品の品質は、車の耐久性や信頼性に大きく影響します。例えば、ボルボやアウディなどの一部のヨーロッパ車は、高品質な部品を使用しており、その結果として長寿命であると評価されています。

製造技術

車の製造過程での技術や品質管理の水準も、故障率に影響を与えます。特に、ドイツの自動車メーカーは、厳格な品質管理のもと、高度な製造技術を持っています。

アフターサービスの充実度

車の故障やトラブルが発生した際のサポート体制も、メーカー選びの大きなポイントです。例えば、レクサスやBMWは、全国規模での整備ネットワークや24時間365日のロードサービスを提供しており、安心して車を使用することができます。

長期的な実績

長い歴史を持つメーカーは、その経験をもとに、故障しにくい車を製造しています。メルセデスベンツやポルシェなど、長い歴史を持つメーカーの車は、その実績からも信頼性が高いと言えます。

これらのポイントを考慮しながら、自分のライフスタイルや予算に合った外車メーカーを選ぶことで、長期間にわたり快適に車を使用することができます。

国産車と外車の故障率の違い

自動車の故障率は、その製造国やブランド、技術的な背景によって大きく異なることが知られています。

特に、国産車と外車の間での故障率の違いは、多くの消費者が車選びの際に考慮する重要なポイントとなっています。

技術的背景

日本の自動車メーカーは、長年にわたる研究開発を通じて、独自の技術や品質管理システムを築き上げてきました。これに対して、ヨーロッパやアメリカの外車メーカーは、異なる技術的背景や市場ニーズに基づいて車を製造しています。

部品供給網

日本の自動車メーカーは、国内に強固な部品供給網を持っており、これが高い品質の維持に寄与しています。一方、外車メーカーは、多国籍の供給網を持つため、部品の品質にばらつきが生じることがある。

気候や道路環境への適応

日本の国産車は、日本の気候や道路環境に最適化されて設計されています。外車は、その原産国の環境に合わせて設計されているため、日本での使用においては、一部の車種で故障が発生しやすいことが指摘されています。

アフターサービスの差

日本国内での国産車のアフターサービスは、非常に充実しています。

外車の場合、メーカーや輸入元によっては、部品の供給が遅れることや、専門の整備士が少ないことから、故障時の対応が遅くなることがある。

これらの違いを踏まえて、自分のライフスタイルや使用環境に合った車を選ぶことが、長期的な車の使用において重要となります。

最近の外車壊れにくい理由

外車の故障率が低下している現代。その背後には、いくつかの明確な要因が存在します。近年の外車が以前よりも壊れにくくなった理由を、以下に詳しく解説します。

先進技術の導入

外車メーカーは、AIやIoTなどの最新技術を積極的に取り入れています。これにより、車の性能や安全性が大幅に向上し、故障のリスクが低減しています。

厳格な品質管理

外車メーカーは、製造過程での品質管理を一層厳格にしています。各部品の検査や組み立ての精度を高めることで、完成車の品質を一段と向上させています。

フィードバックの活用

現代の外車メーカーは、ユーザーからのフィードバックを迅速に取り入れ、それを製品改善に活かしています。

これにより、過去の問題点を修正し、より高品質な車を市場に供給しています。

研究開発の投資

外車ブランドは、研究開発への投資を増やしています。新しい技術や材料の研究により、車の耐久性や効率性が向上しています。

グローバルな視点

外車メーカーは、世界各地の気候や道路状況を考慮して車を設計・製造しています。これにより、様々な環境下での耐久性が確保されています。

これらの要因により、近年の外車は高い信頼性を持ち、多くのユーザーからの支持を受けています。

故障の多い外車ランキングとその背景のまとめ

記事のポイントをまとめます。

  • 外車の故障率はメーカーや車種、生産国気候条件によって影響を受ける
  • 日本高湿度気候は一部の外車にとって故障のリスクを高める要因となる
  • 特定の外車メーカーの故障率は市場平均の2.8%よりも3.5%と高い
  • 故障率が低い外車メーカーを選ぶことで長期的なメンテナンスコストの削減が期待できる
  • 外車は原産国の気候道路環境を基準に設計・製造されている
  • 壊れやすい外車の背後には多くの技術的・設計的な要因が存在する
  • 高度な技術や複雑な電子システムを搭載した外車は故障の原因となる部分が増える
  • 一部の外車は特定の部品の耐久性が低いことが知られている
  • ドイツ車はその堅牢性と技術的優越性で世界中で高く評価されている
  • イツの自動車産業は長年の研究開発と実績を基に車の各部品の耐久性や性能を最適化している
目次